【アパート経営の失敗パターン】失敗する原因や対策についてプロが解説!

アパート経営で失敗したくない

アパート経営の失敗例や対策方法を理解したい

不動産投資やアパート経営を検討している方、あるいはすでに投資をしている方の中には、このように考えている方も多いのではないでしょうか。

アパート経営を含む不動産投資は、正しく取り組むことで大きな利益を得ることができる一方で、投資を成功させるために知っておくべきことも多いと言えます。

そこで今回は、アパート経営の失敗例や対策方法についてご紹介します。

また、久和不動産では、アパート経営に関することはもちろん、その他不動産に関するあらゆる質問やご相談を受け付けています。

不動産に関するお悩みを抱えている場合には、ぜひお気軽にご相談ください!

目次

アパート経営における成功の定義とは?

まずはじめに、アパート経営における成功の定義についてご紹介します。

結論から述べると、アパート経営や不動産投資における成功とは、「投資した金額以上の利益を回収すること」と言えるでしょう。

不動産投資をはじめとする「投資活動」は、特定の何かにお金を投じることでそれ以上のリターンを得ることを目的としています。

つまり、アパート経営の場合は、アパートを購入して入居者を集めることで、長期的に投資した額以上の家賃収入を得ることができれば、投資に成功したことになります。

(厳密には、より複雑なお金の動きがあります)

とは言え、アパート経営は長期間にわたって取り組む必要があると同時に、知っておくべき仕組みや法律も多くあるため、成功させるためには入念な準備と計画が必要になります。

アパート経営の失敗例7選

それでは早速、アパート経営の失敗例について、以下の7つをご紹介します。

1, 資金繰りに関する失敗
2, 立地の選定に関する失敗
3, 建築費などのコストに関する失敗
4, 物件管理に関する失敗
5, 税金に関する失敗
6, サブリースに関する失敗
7, 不動産会社の選定に関する失敗

① 資金繰りに関する失敗

アパート経営の失敗例の1つ目は「資金繰りに関する失敗」です。

数十年という長期にわたって取り組むアパート経営では、収益予測やリスク管理を考慮した資金繰り計画が非常に重要となります。

特に、金融機関からの融資によってアパート経営をはじめた方にとっては、月々のローン返済額を考える必要があります。

また、アパートの経営は常に安定している訳ではなく、市場環境の変化や災害などによる予期せぬメンテナンス費用等がかかる場合もあります。

税理士などの専門家からのサポートを受けながら、収入の過大評価と支出の過小評価をしっかりと意識しながら計画を立てることが重要です。

【資金繰りに関する失敗への対策】
・必要となる資金や費用を正確に把握すること
・予期せぬ出費や収入減少に備えて、十分な資金を確保しておくこと
・キャッシュフローを定期的に確認すること

【関連記事】
・「【簡単で分かりやすい】アパート経営の利回りの計算方法を徹底解説!
・「【失敗しない】アパート経営の初期費用を抑える方法や考え方を徹底解説!

② 立地の選定に関する失敗

2つ目は「立地の選定に関する失敗」です。

長期にわたるアパート経営を成功させるためには、管理する物件が建つ立地の長期的な需要を見極める必要があります。

いくら質の良い物件を建てたところで、需要の無いエリアでは入居率が低下してしまいます。

立地の選定で失敗しないためには、対象の地域における人口動向をはじめとする長期的な需要の予測を立てることが重要です。

【立地の選定に関する失敗への対策】
・地域の人口動態や職場環境、交通アクセスなどを調査し、需要が見込めるエリアを選定すること
・実際に現地を訪れ、地域の雰囲気や利便性を確認すること

③ 建築費などのコストに関する失敗

3つ目は「建築費などのコストに関する失敗」です。

資金繰り計画とも関連しますが、建築費の増幅は、入居者への満足度に関わると同時に、投資回収のハードルを上げる要因にもなり得ます。

物件の質にこだわって建築費や修繕、リフォームなどのコストをかけることは大切ですが、家賃収入によってそれらの費用を十分に回収することができるかという点は、常に頭に入れておくべきでしょう。

【建築費などのコストに関する失敗への対策】
・複数の建築業者から見積もりを取得し、コストと提供されるサービスを比較すること
・コストと入居者から得られるリターンのバランスを考えること

④ 物件管理に関する失敗

4つ目は「物件管理に関する失敗」です。

アパート経営を行う際には、基本的には物件の管理を不動産管理会社に一任します。

しかし、管理を任せる不動産管理会社の選定を誤ってしまうと、物件や入居者の管理が雑になってしまい、結果として物件の入居率が下がってしまう原因となります。

アパート経営による家賃収入を最大化させるためには、高い入居率の維持が重要となるため、管理会社の選定は入念に行うことが重要です。

【物件管理に関する失敗への対策】
・複数の管理会社を比較して選定すること
・管理会社の実績や口コミ、評価を確認すること

⑤ 税金に関する失敗

5つ目は「税金に関する失敗」です。

アパート経営では、数々の手続きやお金のやり取りが重なるため、その分多くの税金が発生します。

これらの税金の支払いでは、減価償却の仕組みや控除の活用について知っておくことで、多額のお金を節約することができます。

税金については、アパート経営を行う本人もある程度理解しておくことが重要ですが、細かい判断や取り組みについては、税理士の指示のもと行うことが一般的です。

【税金に関する失敗への対策】
・税理士による適切なサポートを受けること
・税金や補助金、控除の仕組み等を理解しておくこと

【関連記事】
・「【アパート経営の確定申告は簡単!】具体的な方法や関連手続きを徹底解説!
・「【アパート経営の経費とは?】確定申告時に経費申請できる項目を徹底解説!

⑥ サブリースに関する失敗

6つ目は「サブリースに関する失敗」です。

サブリースとは、物件の管理を不動産会社に一任することで、一定の家賃収入を保証してくれるサービスです。

このように聞くと、空室リスクを抑えることができ、家賃収入を安定させることができるため、メリットが大きいと感じます。

しかし、サブリース契約では手数料として家賃収入の一部を支払う必要があると同時に、経営に関する権利が不動産会社に渡ってしまう側面もあり、結果として本来受け取ることができる収入を下回ってしまうことが多々あります。

一定の家賃収入が保証されるというメリットがありますが、それ以外のリスクやデメリットについてしっかりと理解していない場合は、アパート経営の失敗の要因となってしまいます。

【サブリースに関する失敗への対策】
・サブリースの仕組みを正しく理解すること
・契約内容を細かく確認すること

⑦ 不動産会社の選定に関する失敗

7つ目は「不動産会社の選定に関する失敗」です。

アパート経営を実際に行う際には、不動産会社を介して行うケースがほとんどです。

しかし、この際に不動産会社の選定を誤ってしまうと、市場分析や価格設定、サービスの質が下がってしまうため、アパート経営自体の成功率が下がってしまいます。

世の中には不動産投資をサポートする会社が数多く存在するため、実際にアパート経営を始める際には複数の会社を比較した上で検討することが重要です。

【不動産会社の選定に関する失敗への対策】
・複数の不動産会社を比較すること
・他の投資家や市場での評判を確認すること

アパート経営に関するご相談は久和不動産まで

いかがでしたでしょうか。

今回は、アパート経営を検討している方、あるいは既に不動産投資に取り組んでいる方に向けて、アパート経営における失敗例や対策方法についてご紹介しました。

冒頭でもご紹介した通り、アパート経営や不動産投資は長期的な取り組みであり、大きなリターンを得ることができる代わりに理解しておくべきことも多くあります。

アパート経営については、その他の記事でも解説しているので、気になる方はぜひそちらにも目を通してみてください。

また、久和不動産では、アパート経営に関するご相談はもちろん、その他あらゆる不動産に関するお悩みを受け付けています。

不動産に関するお悩みを抱えている場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次