【不動産投資を始める初心者必見!】知っておくべき情報や事前の準備について徹底解説!

不動産投資を始めたいけど、知っておくべきことや具体的な手順が分からない

初心者が知っておくべき不動産に関する知識について知りたい

不動産投資を検討している方の中には、このように考えている方も多いのではないでしょうか。

幅広い知識や複雑なルールが絡み合う不動産投資は、初心者が無知の状態で取り組んでも成功する確率は低いと言えます。

そこで今回は、不動産投資の初心者に向けて、投資を始める前に知っておくべきことや具体的な手順についてご紹介します。

また、久和不動産では、不動産投資や物件の管理に関する質問をいつでも受け付けています。

不動産投資に関連するお悩みを抱えている際には、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目次

不動産投資とは?

まずはじめに、不動産投資について簡潔にご紹介します。

不動産投資とは、アパートやマンションなどの物件を購入し、主に家賃収入などの収益を得ることで、長期的に利益を獲得することを目的とした投資手法を指します。

不動産投資は、投資活動の中でも多額の初期投資が必要となる点が特徴であり、計画的かつリスクを考慮した資金繰りが重要となります。

また、アパートやマンションなどの経営は数十年にわたって行われるため、長期的な市場予測や経済の理解なども必要であるため、入念な準備が必要である点もポイントです。

そんな一見取り組むこと自体が難しそうな不動産投資ですが、実際に投資を行う際には不動産会社や税理士などがサポートしてくれるため、最低限の知識さえあれば投資を始めることができます。

不動産投資に興味を抱いている方は、ぜひ一度久和不動産へご相談ください。

不動産投資を始めるのに必要なお金

不動産投資を始める際は、最低でも物件価格の10%〜20%程度のお金が必要であると言われています。

前述したように、不動産投資では、物件の購入費を含む初期投資額がかなり大きいことが特徴であり、実際に投資を始める際には金融機関から融資を受けることが一般的です。

金融機関から融資を受ける際には、金融機関が定めている基準を満たしている必要があり、安定した一定の年収や頭金など、具体的な金額は金融機関によって異なります。

保有する物件がアパートかマンションかにも寄りますが、物件価格が1,000万円を超えることも少なくないことを考えると、用意すべき自己資金は200万円〜500万円程度と考えておくと良いでしょう。

また、不動産投資を行う際の資金をフルローンで賄うこともできますが、その場合は相応の厳しい審査が必要となります。

初心者が不動産投資を始める前に

本項目では、初心者が不動産投資を始める前に頭に入れておくべきことについて、以下の5つをご紹介します。

1, 不動産投資の仕組みや種類ついて学ぶこと
2, 不動産投資の目標を設定すること
3, 他の投資と比較すること
4, リスクについて把握しておくこと
5, 不動産会社は慎重に選ぶこと

不動産投資を実際に始めることを検討している方は、ぜひ本項目の内容を参考にしてみてください。

① 不動産投資の仕組みや種類ついて学ぶこと

初心者が不動産投資を始める前に頭に入れておくべきことの1つ目は「不動産投資の仕組みや種類ついて学ぶこと」です。

冒頭でもご紹介した通り、不動産投資には相応の知識や準備が必要となります。

利回りの仕組みや節税のコツ、その他収益を最大化させるための考え方など、不動産投資を成功させるためにはこれらの知識について事前に学んでおくことが必須です。

② 不動産投資の目標を設定すること

2つ目は「不動産投資の目標を設定すること」です。

不動産投資の成功の基準は、人によって様々です。

不動産投資による収益だけで生活することが目標である人もいれば、毎月の副収入として数万円程度のお金を安定して得続けたいという方もいるでしょう。

不動産投資によって得られる収入は物件や地域によって大きく異なるので、実際に不動産投資を始める際には目標を設定し、逆算的に考える必要があります。

③ 他の投資と比較すること

3つ目は「他の投資と比較すること」です。

不動産投資は投資手法の中でも有名かつ人気と言えますが、不動産投資以外にも利益を得ることができる投資手法は数多くあります。

不動産投資の特性やリスク、自身に合っているかどうかなどを総合的に考え、他の投資と比較した上で、実際に取り組むかどうかを判断することをオススメします。

④ リスクについて把握しておくこと

4つ目は「リスクについて把握しておくこと」です。

当然のことですが、不動産投資を始めたからと言って、確実に投資が成功する訳ではありません。

特に不動産投資は長期にわたって取り組むものであるため、その分様々なリスクが伴います。

不動産投資の成功率を少しでもアップさせるためにも、不動産投資を行う過程で遭遇する可能性のあるリスクについては、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。

⑤ 不動産会社は慎重に選ぶこと

5つ目は「不動産会社は慎重に選ぶこと」です。

前述した通り、不動産投資を行う際には不動産会社のサポートを受けることになります。

物件の購入や経営判断、その他管理物件に関わることなど、不動産会社と関わる機会は無限にあります。

不動産投資の成功率は、関わる不動産会社の質によって変化する側面もあるので、不動産会社の選定は慎重に行うことが重要です。

不動産投資のリスク

本項目では、不動産投資のリスクについてご紹介します。

前述したように、不動産投資は数十年にわたって取り組むものであるため、入居者や資金繰りに関する様々なリスクに遭遇します。

以下は、不動産投資を行う上で把握しておくべきリスクの一覧です。

​​1, 入居率の低下
2, 借入金の返済ができなくなる
3, 金利の上昇
4, 災害の発生
5, 管理会社のサービスの質が悪い
6, 入居者によるトラブル
7, 不動産価値の低下
8, サブリース契約
9, 支出が膨らむ

これらのリスクについては、「【アパート経営のリスクとは?】具体的な内容や回避策をプロが徹底解説!」にてより詳しく解説しているので、気になる方はぜひこちらもご覧ください!

不動産投資を始める際の手順

最後に、不動産投資を始める際の手順についてご紹介します。

不動産投資を始める際の具体的な手順を知るためには、まずは不動産会社に問い合わせて話を聞いてみることが一番です。

厳密にはより細かいステップを踏む必要がありますが、不動産投資を始める際の主な手順は以下の通りです。

1, 不動産投資の最低限の知識習得
2, 不動産会社の選定
3, 不動産投資の目的や目標の設定 / 相談
4, 物件の選定
5, ローン審査
6, 物件の購入
7, 管理会社や賃貸仲介会社の選定
8, 物件の経営開始

実際に不動産会社に訪問して話を聞く際には、不動産投資の目的や投じることができる自己資金、その他諸々のこだわりなどを決めておくことで、条件に沿ったより細かい話を聞くことができるでしょう。

久和不動産でも、不動産投資に関するご相談をいつでも受け付けているので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

不動産投資に関する相談は久和不動産まで

いかがでしたでしょうか。

今回は、不動産投資の初心者の方に向けて、不動産投資の概要や知っておくべきこと、あらかじめ理解しておくべきリスクなどについてご紹介しました。

既に何度もご説明している通り、不動産投資は成功すれば大きな利益を得ることができる一方で、理解しておくべき仕組みや法律も多くあります。

実際に不動産投資を始める際には、自分自身でもしっかりとリサーチを重ねた上で、十分な知識を持って取り組むことをオススメします。

また、久和不動産でも不動産投資に関するサポートやアドバイスを行っているので、ご興味がある方はぜひ一度お問い合わせください!

お客様に合った最適なサポートをご提供いたします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次