【不動産投資の成功率とは?】成功率を上げる方法や失敗の要因について徹底解説!

不動産投資の成功率ってどのくらいなんだろう?

不動産投資の成功率を上げる方法や、失敗例について知りたい

不動産投資を検討している方の中には、このように考えている方も多いのではないでしょうか。

アパート経営やマンション経営などの不動産投資は、長期的かつ複雑な投資活動である側面もあり、確実に成功させるためには入念な準備と対策が必要となります。

そこで今回は、不動産投資を検討している方に向けて、投資の成功確率を左右する要素や失敗例についてご紹介します。

また、久和不動産では、不動産投資に関するご相談をいつでも受け付けています。

不動産投資を始めたい、不動産投資について悩んでいるという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

目次

不動産投資の成功率とは?

まずはじめに、不動産投資の成功率についてご紹介します。

結論から述べると、不動産投資の成功率について一概に述べることはできません。

その理由の1つは、不動産投資の成功の定義が人によって異なるからです。

一連の不動産投資活動を終えた上で利益を1円でも残すことができれば成功というのであれば、成功率はかなり高いと言えます。

しかし、不動産投資で年収1,000万円を達成すること、あるいは不動産投資による収益のみで生活すること、などが成功の基準であるならば、成功率は高いとは言えません。

不動産投資の成功率は、投資によって何を目標とするのかによって大きく変わると言えるでしょう。

不動産投資の成功の定義

前述したように、不動産投資の成功の定義は人によって異なります。

そこで本項目では、不動産投資の成功として一般的に設けられる基準について、以下の3つの基準をご紹介します。

1, 毎月利益を出し続けること
2, 節税対策を行うこと
3, 不動産投資だけで生活すること

① 毎月利益を出し続けること

不動産投資の成功として一般的に設けられる基準の1つ目は「毎月利益を出し続けること」です。

物件の経営を通して毎月利益を出し続けることは、不動産投資の成功基準として最も想像しやすいかと思います。

既にご存知の通り、不動産投資では家賃収入などの収入がある一方で、金融機関への返済や管理費などの支出も発生します。

正しい計画の策定や取り組みを実行していれば、赤字となることはありませんが、「毎月利益を出し続けること」は不動産投資の1つの基準となるでしょう。

毎月利益を出し続けることが成功基準であれば、成功確率はさほど低くはないでしょう。

② 節税対策を行うこと

2つ目は「節税対策を行うこと」です。

不動産投資に取り組む方の中には、節税対策として不動産を購入し、投資活動として物件を経営する方も一定数存在します。

そのような場合は、比較的税金の仕組みも理解した上で計画的に取り組んでいることも多いので、成功確率は比較的高いと言えるでしょう。

不動産投資による節税対策については、「【アパート経営と相続税対策】仕組みやメリットを専門家が解説」にて解説しているので、気になる方はぜひこちらもご覧ください!

③ 不動産投資だけで生活すること

3つ目は「不動産投資だけで生活すること」です。

不動産投資における最も理想的な状態は、不動産投資による収益だけで生活することではないでしょうか。

結論から述べると、不動産投資による収益だけで生活することは、かなり難しいと言えます。

生活レベルや必要とするお金の額にも寄りますが、不動産投資だけで生活する場合は、リスク面なども考慮すると2棟以上の物件を経営することが前提と言えます。

つまり、土台としてある程度の収入があることが必要であり、その上保有する物件全ての経営を成功させる必要があるので、成功確率は低いと言えるでしょう。

とはいえ、正しい計画と知識を持って取り組むことができれば、不可能というわけではないので、時間や資産に余裕がある方であれば、挑戦してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

不動産投資の成功率を左右する要素

本項目では、不動産投資の成功率を左右する要素について、以下の3つをご紹介します。

1, 市場動向
2, 経済環境
3, 投資戦略

前述したように、不動産投資では、相応の知識や計画を土台として取り組むことが成功するためのポイントと言えますが、それ以外にも成功率を左右する要素はいくつかあります。

実際に不動産投資に取り組む際には、ぜひ本項目の内容を頭に入れておいてください。

① 市場動向

不動産投資の成功率を左右する要素の1つ目は「市場動向」です。

不動産投資における市場動向とは、主に人口動向や地域の発展に伴う住宅需要の変化のことを指します。

家賃収入が主な収益源とも言える不動産投資では、物件の入居率が非常に重要なポイントであり、それに大きく影響する市場動向が成功率を左右する最も大きな要素と言えます。

そのため、不動産投資を成功させるためには、長期的な視点を持って、保有する物件が建つエリアの市場動向についてしっかりと調査しておくことが重要です。

② 経済環境

2つ目は「経済環境」です。

市場動向とも少し意味が重なる部分もありますが、ここでいう経済環境とは、金利の水準や人々の雇用状況などを指します。

不動産投資では、初期投資額や必要となる資金が多額であることもあり、元手となる資金を集めるために金融機関から融資を受けることが一般的です。

しかし、経済による影響で金利が高い状況が続いてしまうと、その分ローンの返済金として支払う額も多くなるため、その分より入念な資金繰り計画が必要となります。

また、経済環境によって人々の収入が安定していれば、高い家賃を設けた物件でも安定した入居率を維持することができますが、逆に経済環境が悪化した状態では、賃貸需要も低下してしまうかもしれません。

このような経済環境は、市場動向と同様 容易に予測を立てることが難しいため、専門家の意見などを参考にしながら考える必要があるでしょう。

③ 投資戦略

3つ目は「投資戦略」です。

不動産投資における投資戦略とは、投資家の考えや計画によって左右される部分です。

物件の家賃設定や付加価値の創出、資金繰りの計画など、不動産投資においてオーナーが判断することは基本的に全て投資戦略に反映されます。

市場動向や経済環境が優れていたとしても、投資戦略によって不動産投資に失敗する例も多くあるので、その点は十分に考えて実行すべきと言えるでしょう。

不動産投資に失敗するパターン

最後に、不動産投資に失敗するパターンについてご紹介します。

不動産投資に失敗する例はいくつかありますが、基本的に注意しておきたい項目は以下の通りです。

1, 資金繰りに関する失敗
2, 立地の選定に関する失敗
3, 建築費などのコストに関する失敗
4, 物件管理に関する失敗
5, 税金に関する失敗
6, サブリースに関する失敗
7, 不動産会社の選定に関する失敗

上記の項目それぞれの内容については、「【アパート経営の失敗パターン】失敗する原因や対策についてプロが解説!」にてより詳しく解説しているので、気になる方はぜひこちらもご覧ください!

不動産投資に関するご相談は久和不動産まで

いかがでしたでしょうか。

今回は、不動産投資の成功率というテーマで、一般的な成功基準や成功率を左右する要素、不動産投資の失敗例などについてご紹介しました。

不動産投資を成功させるコツについては、その他の記事でも解説しているので、気になる方はぜひそちらもご覧ください!

また、久和不動産では、不動産投資や投資計画についてのご相談をいつでも受け付けています。

不動産投資について悩みを抱えている場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次