賃貸のインターホンに関するアレコレ!の解決法をプロが全て解説します

賃貸物件でインターホンに関するトラブルは意外と多いもの。

音が聞こえない、異常な騒音、あるいは故障といった問題は、日常生活に支障をきたす可能性があります。

インターホンの寿命や、うるさい時の対処法、故障した際の解決策など、これらの悩みを抱える賃貸住民に向けて、具体的な原因と対策を解説します。

安心して生活するためのインターホン対策を学びましょう。

目次

賃貸のインターホンが聞こえない時

賃貸物件でインターホンのチャイムが聞こえない場合、いくつかの原因が考えられます。

最も一般的な原因としては、電池切れ、音量の設定、配線の接触不良、機器の故障が挙げられます。

また、防音室にいる場合もチャイムが聞こえにくくなります。

電池切れ

受話器タイプのインターホンで電池切れが原因の場合、電池の交換が必要です。

電池交換頻度が低いと液漏れや錆びつきが原因で故障することもあります。

音量設定

呼び鈴の音量が絞られている場合は、室内親機の設定から音量を調節してください。

多くの機種で音量調節用のバーやダイヤルが設けられています。

配線の接触不良

配線の接触不良は、スピーカーから音が鳴らない原因となります。

この場合は、業者による点検が推奨されます。

機器の故障

子機のマイクや親機のスピーカーが故障している場合は、修理よりも新規購入の方がコスト的に有利な場合が多いです。

インターホンが聞こえない問題は、いずれの原因であっても適切な対処が必要です。

特に、配線の問題や機器の故障には専門的な知識が求められるため、迅速に業者に相談することをおすすめします。

賃貸の古いインターホンの寿命は?

賃貸物件に設置されたインターホンの平均的な寿命は10~15年とされています。

この期間を過ぎると、経年変化による故障やシステムダウンのリスクが高まります。

特に、古いインターホンは修理や全面的な交換が必要になることがあります。

修理の手続き

賃貸物件におけるインターホンは共用設備に分類されるため、その修理や交換には大家さんの許可が必要です。

幸いなことに、多くの場合、費用は大家さんが負担してくれます。

修理や交換の許可を得るためには、管理会社を通じて大家さんに連絡を取る必要があります。

自分での交換可否

インターホンの自分での交換可能性を確認するためには、室内の親機をチェックすることが重要です。

たとえ古いモデルであっても、コンセントや乾電池から給電される2線式のインターホンであれば、自分での交換が可能です。

交換費用の相場

インターホンの交換費用の相場は、戸数に応じて大きく変わります。

例えば、30戸のマンションであれば約300万円、50戸の場合は約500万円が目安となります。

この費用は、物件の規模や選択するインターホンの種類によって変動することがあります。

古いインターホンは、時間とともに性能が低下するため、定期的な点検や必要に応じた交換が重要です。

大家さんや管理会社との良好なコミュニケーションを保ちながら、適切なタイミングでの対応を心がけましょう。

賃貸のインターホンがうるさい時

賃貸物件でインターホンの音が大きすぎると感じる場合、いくつかの簡単な調整で改善が見込めます。

また、インターホンが勝手に鳴る原因とその対処法についても理解しておくと良いでしょう。

音量調整の方法

以下から解説していきます。

スピーカー式

スピーカー式のインターホンでは、本体にある音量調節つまみを利用して、簡単に音量を調整できます。

金属板を叩く式

金属板を叩くタイプの場合は、叩く部分にガムテープを貼ることで音を小さくすることが可能です。

また、カバーを外すことで金属板が露出し、音量を下げることもできます。

インターホンが勝手に鳴る原因と対処法

原因は以下のとおりです。

  • 結露や異物の存在
  • 配線トラブル
  • 相性の悪い家電製品に反応
  • いたずら
  • 経年劣化による内部配線の断線

対処法に関しては呼び出しボタンをもう一度強く押し込むか、デコピンのように指でボタンを弾くことで、問題が解決することがあります。

それでも改善されない場合は、メーカーや専門業者に修理を依頼することが最善の対策です。

インターホンは電子機器であるため、水濡れには注意が必要です。

ただし、外側は防水仕様となっており、水抜き穴があるため、多少の雨水であれば壊れる心配はありません。

インターホンの音量が大きすぎたり、勝手に鳴り続ける場合でも、これらの簡単な対処法で多くの問題が解決します。しかし、自己解決が難しい場合は、迅速に専門家に相談することが重要です。

賃貸のインターホンが故障した時

賃貸物件でインターホンが故障すると、日常生活に大きな不便を感じることになります。

しかし、適切な対応を行うことで、迅速に問題を解決できます。

故障が発生した場合、まずは管理会社や大家さんに連絡を取ることが重要です。

インターホンは共用部分に含まれるため、入居者が勝手に修理や交換を行うことはできません。

修理費用は、基本的に賃貸オーナーが負担します。修理費用の相場は5,000円から30,000円程度になります。

一部のインターホンはDIYで交換可能ですが、配線工事が必要なタイプでは電気工事士の資格が必要となります。

そのため、個人での修理は推奨されません。

インターホンの交換費用は、商品代や工事費を含めて12,000円から100,000円程度が相場です。工事費のみの場合は、5,000円から40,000円程度になります。

インターホンが鳴らない原因としては、配線の劣化、本体の故障、乾電池の消耗、呼び鈴の音量設定などが考えられます。

時には、電池切れや音量設定の問題で故障と誤解することもありますので、この点には注意が必要です。

インターホンが故障した場合は、焦らずに適切な手続きを行い、専門家に修理を依頼することが最善の対応策です。

賃貸物件におけるインターホンのトラブルは、管理会社や大家さんとの連携によって解決できることが多いため、迅速に相談しましょう。

まとめ

賃貸物件におけるインターホンのトラブルは多岐にわたりますが、適切な対応によって解決可能です。

インターホンが聞こえない、うるさい、または故障している場合の対処法を理解することが重要です。

故障時には管理会社や大家に連絡し、修理や交換の費用は基本的にオーナーが負担します。

DIYでの修理は推奨されず、専門業者による対応が必要な場合が多いです。

インターホンの寿命は約10~15年であり、その期間を過ぎると故障のリスクが高まります。

最終的に、賃貸物件における快適な生活を維持するためには、インターホンの適切な管理と、発生した問題に対する迅速な対応が不可欠です。

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
ぜひお気軽にお問い合わせください!弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。

合わせて不動産業界の集客方法について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメント

コメントする

目次