【放置するとやばい】賃貸管理者の騒音との向き合い方と対処法を解説

賃貸管理における騒音問題は、多くの入居者が直面する悩みの一つで、隣人の生活音から大規模な工事の騒音まで、日々の快適さを脅かします。

放置すればストレスの蓄積や生活の質の低下を招きます。

この記事では、騒音の事例と基準、改善しない時の対処法、放置するリスク、そして賃貸での騒音問題を解決するための具体的なステップを解説します。

目次

賃貸における騒音の事例

賃貸物件での生活では、さまざまな騒音に遭遇することがあります。

これらの騒音は、日々の快適さを著しく損ねる原因となり得ます。

上階からの足音

上階の住人が歩く際の足音は、特に夜間や早朝にストレスの原因となることが多く、賃貸物件における一般的な騒音の事例の一つです。

隣戸からの生活音や話し声

壁が薄い賃貸物件では、隣戸の生活音や話し声がそのまま伝わってくることがあります。

テレビの音量や家族の会話など、日常的な生活音が問題となることがあります。

電化製品の使用音

洗濯機や掃除機、食器洗い機などの電化製品から発せられる音も、騒音として隣近所に影響を及ぼすことがあります。

ペットの鳴き声

ペットを飼っている世帯から発せられる鳴き声も、特に犬の吠える声や猫の鳴き声は、周囲に騒音として感じられることがあります。

楽器の演奏音

楽器の演奏は、趣味や練習の一環として行われることが多いですが、その音量や演奏時間によっては、近隣住民に大きな騒音として感じられる場合があります。

これらの騒音事例は、賃貸物件における快適な生活を守るために、適切に対処する必要があります。

騒音の基準

賃貸物件における騒音トラブルを適切に対処するためには、まず騒音の基準を理解することが重要です。

環境省が定める「環境基準」によると、一般的な住宅地での騒音の許容基準は、時間帯によって異なります。

時間帯

昼間(午前6時から午後10時)の騒音基準は55デシベル以下とされています。

これは一般的な会話の音量とほぼ同等です。

夜間(午後10時から翌日の午前6時)の基準はより厳しく、45デシベル以下と定められており、これは静かな住宅地の夜間の環境音に相当します。

地域

用途地域や各自治体の条例により、この基準値は多少異なる場合があります。

特定の地域ではより厳しい基準が設けられていることもあり、騒音に関するトラブルを避けるためには、居住地域の具体的な基準を確認することが勧められます。

騒音の測定方法

騒音レベルは専用の測定器を用いることで正確に知ることができますが、最近ではスマートフォンアプリを使用しておおよその騒音レベルを測定することも可能です。

音の感じ方には個人差があるため、感覚的な不快感のみで判断せず、具体的な数値によって定量的に確認することが重要です。

この基準を踏まえ、賃貸物件における騒音の問題に対処する際は、まず実際の騒音レベルを測定し、その結果を基に適切な対応を検討することが求められます。

賃貸の騒音が改善しない時の対処法

賃貸物件における騒音問題は、生活の質を大きく損なう可能性があります。

再三にわたる注意や勧告にもかかわらず騒音が改善しない場合、より具体的な対処法を講じる必要があります。

状況が改善しない場合、騒音の原因となっている入居者に対し、改善要求と、それに応じない場合の契約解除日などを記載した書面を内容証明郵便で送付することが一つの手段です。

内容証明郵便は、送付した内容と日時が正式に記録されるため、法的な証拠としての価値を持ちます。

また法律上、賃貸契約を解除する前には、契約不履行に対する「催告」が必要です。

この催告は、騒音を原因とする契約解除の意向を正式に通知し、騒音発生者に対して改善の機会を与えるものです。

催告を行うことで、後の契約解除が正当な手続きとして認められる可能性が高まります。

この段階での対処は、問題を法的な枠組みの中で解決しようとするものです。

騒音問題が解決に向かわない場合は、このような手続きを踏むことで、より積極的に自己の権利を守ることが可能となります。

ただし、このプロセスを進める前に、法的なアドバイスを得ることが望ましいでしょう。

賃貸での騒音を放置するリスク

賃貸物件における騒音問題を放置することは、管理者や大家にとって多大なリスクを伴います。

放置が引き起こす様々な問題は、物件の評価低下だけでなく、法的なトラブルに発展する可能性もあります。

退去者が出る

騒音による生活の質の低下は、入居者が退去を決意する大きな理由の一つとなります。

快適な居住環境を求めて移住を考える入居者が出ることで、物件の稼働率に直接的な影響を及ぼします。

悪い口コミが出る

インターネット上での悪い口コミは、物件の評判に直接影響します。

一度広がったネガティブな情報は修正が難しく、新たな入居希望者の減少につながりかねません。

警察沙汰や訴訟に発展する

騒音問題が深刻化すると、警察が介入する事態や、最悪の場合は訴訟に発展するリスクがあります。

これらは物件のイメージだけでなく、法的な責任や費用の発生にも繋がります。

管理委託契約が解除される

物件を管理している会社によっては、騒音問題の放置が管理委託契約の解除理由となることもあります。

これにより、信頼性のある管理会社を見つけることが一層困難になる可能性があります。

騒音問題を放置することのリスクは、単に現在の入居者の不満に留まらず、物件自体の長期的な価値にも影響を及ぼします。

早期の対処と適切な管理が、賃貸物件の持続可能な運営には不可欠です。

まとめ

賃貸物件における騒音問題は、ただの生活の不快要素ではなく、深刻なリスクを伴う問題です。

  • 適切な騒音基準の理解と、事例に即した対処法を知ることは、快適な賃貸生活を送るために不可欠です。
  • 騒音が改善しない場合の内容証明郵便による正式な改善要求や、最終的には法的措置を含む対処法が存在します。
  • 騒音を放置することは退去者の増加、悪評の拡散、警察沙汰や訴訟への発展、そして管理委託契約の解除といった、物件の価値を著しく下げるリスクに繋がります。

賃貸管理者は、入居者からの騒音に関する苦情に対して迅速かつ適切に対応し、安全で快適な居住環境を保つことが求められます。


久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
ぜひお気軽にお問い合わせください!弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。

合わせて不動産業界の集客方法について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメント

コメントする

目次