シェアハウス経営は儲かる?難しい?初期費用からメリットデメリット

シェアハウス経営に興味はあるけど、本当に利益を生むのか、そして運営の難しさはどの程度なのか、多くの人が抱える疑問です。

経営にはリスクとチャンスが共存します。

この記事では、シェアハウス経営の基本からメリット・デメリット、実際に儲かるのか、そして必要な初期費用について解説し、賢い経営戦略を提案します。

目次

シェアハウス経営とは?難しい?

シェアハウス経営は、複数の入居者が個室を持ちつつ共用設備を共有する形式の賃貸経営です。

この経営形態は近年注目を集めており、特に資格や免許は必要ないものの、成功させるためには法律的な知識や経営に関する基本的な理解が必要となります。

運営に必要な知識とスキル

シェアハウスの運営では、マーケティングの知識や不動産に関する専門知識、さらには経営の基礎知識が求められます。

入居者に安全で快適な住環境を提供するためには、これらのスキルが不可欠です。

シェアハウスを設立する際には、建築基準法の規定に従う必要があります。

2019年6月に施行された改正建築基準法は、既存建物をシェアハウスに転用する際の規制を緩和していますが、依然として法的な要件を満たす必要があります。

また、シェアハウスを運営する上で「旅館業」の申請が必要になる場合があります。

ただし、寝具の管理は住人自身が行うため、適用される法律や規制には曖昧な部分も存在します。

シェアハウス経営は、適切な知識と準備をもって臨めば、成功の可能性を高めることができます。

ただし、運営の難しさを理解し、法律や規制の遵守、入居者の満足度向上に努めることが、経営成功への鍵となります。

シェアハウスのメリット・デメリット

シェアハウス経営は、収益性の高さと運営のユニークさにより、不動産投資の一形態として注目されています。

しかし、その運営には明確なメリットとデメリットが存在します。

メリット

まずはメリットから解説します。

収益性の向上

シェアハウスは、1つの物件を複数の入居者に分割して貸し出すことで、トータルの家賃収入を大きくすることが可能です。

これにより、入居者には比較的安価な家賃で居住スペースを提供し、オーナーは収入を最大化できるという双方にメリットがあります。

初期費用の抑制

共用スペースの設備が充実しているため、個々の部屋にかかる初期費用を抑えることができます。

また、広いスペースを利用できることが、一般的なワンルームマンションと比較して競争力になります。

空室リスクの軽減

共有スペースを活用した生活スタイルは多くの人に魅力的に映るため、空室リスクが軽減されるという大きな利点があります。

デメリット

続いてデメリットもひとつずつ解説します。

物件探しの難しさ

適切なシェアハウスとなり得る物件を見つけることは、一般の賃貸物件探しに比べて難易度が高いです。

入居者間のトラブル

共用スペースを利用する生活スタイルは、入居者同士のトラブルが発生しやすい傾向にあります。

これを管理するための手間やコストがかかります。

管理費用の増加

共用部分の清掃やメンテナンスなど、物件全体の管理には意外と高額な費用がかかることがあります。

初期設備投資の負担

共用スペースの設備投資には、初期段階で大きな資金が必要となることがあります。

シェアハウス経営は、そのユニークなビジネスモデルが大きな収益をもたらす可能性を秘めていますが、成功させるためには物件選びから運営管理、入居者対応に至るまで、慎重な計画と継続的な努力が必要です。

シェアハウス経営は儲かる?

シェアハウス経営は、従来のアパートやマンション経営に比べて、高い収益性を持つビジネスモデルとして注目されています。

これは、共用スペースの活用により、一つの物件内で提供できる個室の数を増やし、結果として全体の家賃収入を上げることができるからです。

シェアハウスの大きな魅力は、リビングやキッチンなどの共用部分を設けることで、同じ敷地内に多くの個室を設置できる点にあります。

このため、一般的な賃貸物件に比べて、高い利益率を実現する可能性が高まります。

シェアハウス経営が成功し、儲かるかどうかは、物件への初期投資額や共有部分の設備費用をどれだけ抑えられるかにかかっています。

初期投資を抑えつつ、入居者が満足するような設備やサービスを提供できれば、収益性を大幅に向上させることが可能です。

また、シェアハウス経営の成功は、選定する物件の質と経営コンセプトの魅力にも左右されます。

立地条件、物件の特性、ターゲットとする入居者層に合わせたコンセプトを明確にすることで、高い稼働率と入居者満足度を実現し、経営の成功につなげることができます。

シェアハウス経営は、適切な戦略と効果的な管理によって、他の賃貸経営形態に比べて高い収益を期待できる魅力的な事業モデルです。

重要なのは、物件選定からコンセプト設定、コスト管理に至るまで、綿密な計画と運営が求められる点です。

シェアハウス経営の初期費用

シェアハウス経営を始めるにあたり、最初に必要となるのが初期費用です。

平均的には250万円から400万円が標準的な初期投資額とされています。

一戸建てや通常の賃貸物件を運営する場合に比べ、やや高額な初期費用が必要となる場合が多いですが、これにはシェアハウスならではのメリットも伴います。

初期費用には、物件の購入費用やリフォーム費用、共用部分の設備投資などが含まれます。

シェアハウスの規模や提供する設備のレベルによって費用は大きく変動します。

物件の大きさや状態、リフォームの規模によって初期費用は左右されるため、具体的な計画を立てることが重要です。

所有する土地にシェアハウスを新築する場合、建築費用はさらに高額になることがあります。

木造建築の場合、概算で1坪あたり50万円から80万円程度の費用がかかるとされています。

これは、シェアハウス特有の共用スペースや個室の設計に特化した建築が求められるためです。


シェアハウス経営の初期費用は高額ですが、それに見合った利益率の向上と空室リスクの分散が見込めます。

複数の入居者から家賃を得られるため、一部の空室が出たとしても全体の収入に与える影響は限定的です。

シェアハウス経営を成功させるためには、これらの初期費用を的確に見積もり、長期的な収益性を考慮した計画を立てることが重要です。

適切な投資と管理によって、高いリターンを実現することが可能となります。

まとめ

シェアハウス経営は、その独特のビジネスモデルにより、高い収益性とともに特有のリスクと初期投資が伴います。

平均的な初期費用は250万円から400万円で、新築の場合はさらに高額な投資が必要になることもあります。

しかし、シェアハウスは複数の入居者から収入を得られるため、空室リスクを分散し、一般的な賃貸物件に比べて収益の最大化が期待できます。

成功の鍵は、物件選定、コスト管理、そして入居者満足度の向上にあります。

適切な計画と運営により、シェアハウス経営は不動産投資の有効な選択肢となり得ます。


久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
ぜひお気軽にお問い合わせください!弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。

合わせて不動産業界の集客方法について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメント

コメントする

目次