【不動産管理のあれこれ】資格の必要性と自己管理 vs 業者委託を徹底解説!

不動産管理は、賃貸オーナーにとって重要な課題です。

適切な管理を行うことで、物件の価値を維持し、長期的な利益を確保することが可能になります。

しかし、『自己管理』と『業者への委託』、どちらの方法を選ぶべきか、また、資格は必要なのかといった疑問があるかもしれません。

本記事では、不動産管理の基本的な方法と、それに関連する資格について具体的に解説します。

目次

不動産管理に資格って必要なの?

資格は不動産管理に必須ではありません。

これから不動産管理に携わる方にとって、資格の有無がどう影響するのか、具体的な視点から考察します。

結論から、不動産管理における資格は、必須ではないが競争力を高める効果があります。

信頼性の向上

資格を持つことで、「専門家」としての信用が得られる可能性が高いと言えます。

また、管理業務主任者のような資格は業界内での認知が高いため信頼性の向上につながります。

スキルの向上

業者への委託ではなく自己管理を行う場合、管理業務主任者の資格は大いに役立ちます。

資格を取得する時間と費用に見合う価値があるかどうか、個々の目標と照らし合わせて検討すると良いでしょう。

GoogleやYahooでの検索でも分かるように、不動産管理の資格は必須ではありませんが、業務の質を向上させ、他者と差別化するための一つの手段となり得るのです。

自分のキャリアに合った資格を検討してみるのも、一考の価値があるでしょう。

不動産管理の方法とは?

不動産管理の方法は主に『自己管理』と『業者への委託』に分けられます。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分にあった方を選ぶことをお勧めします。

自己管理

自己管理とは、物件オーナー自身が管理業務を行う方法です。

主な具体的な業務は以下の通りです。

・入居者対応
・故障対応
・定期メンテナンス
・法令遵守

特徴は以下の通りです。

費用節約: 管理業者に依頼する費用を抑えることが可能。
直接対応: 入居者と直接コミュニケーションを取れるため、柔軟な対応が可能。


一方で自己管理における課題も多くあります。

時間と労力: 自己管理は手間と時間がかかるため、専門知識が求められる場合もある

  • 入居者対応: 入居者からの要望やクレームに直接応じる必要があります。これにはコミュニケーション能力や対人スキルが必要とされることが多い。
  • 故障対応: 修理やメンテナンスが必要な場合、専門業者の手配や見積もりの比較、現地のチェックなど、細かな作業が求められます。
  • 法令遵守: 建物の安全基準、防火基準などの法令を遵守するために、定期的な点検や改修が必要となることがあります。

リスク管理: 法律や規則に対する理解が必要

  • 契約管理: 契約書の作成や更新は法律的な知識を必要とし、誤った取り扱いは法的トラブルを引き起こすリスクがあります。
  • 法規制の変更対応: 建築法や借地借家法など、不動産に関連する法律は頻繁に変更されることがあるため、最新の法令を把握し、適切に対応する必要があります。
  • 災害対策: 地震や台風などの自然災害への対策も重要で、適切な保険加入や建物の耐震対策など、リスクヘッジのための専門的な知識と労力が求められます。

このように、自己管理には多岐にわたるスキルセットと高いコミットメントが求められることが一般的です。

経験や知識が不足する場合、専門のコンサルタントや書籍、セミナーなどで学ぶ努力も必要となるでしょう。

自己管理を選択する場合は、これらの課題とどう向き合い、どのように克服するのかを事前に計画すると、スムーズな管理が可能になります。

業者への委託

業者への委託とは、不動産管理を専門業者に依頼する方法です。

主な具体的な業務は以下の通りです。

・入居者募集、対応
・施設管理、運用
・法令遵守
・トラブル対応

特徴は以下の通りです。

専門知識: 管理業者は専門的な知識と経験を持っているため、安心して任せることが可能。
時間節約: 管理業務を委託することで、オーナー自身の時間と労力を大幅に削減。

一方で業者への委託における課題も多くあります。

費用: 委託料が発生するため、利益の減少が考えられる

  • 委託料の負担: 一般的に管理業者への委託には月額料金が発生します。物件の規模やサービスの内容によりますが、収益物件の場合、収益の一定割合が委託料となることもあります。
  • 追加費用: 契約に含まれないサービスが必要になった場合、追加費用が発生する可能性もあります。これらの費用が積み重なると、予想以上の支出が発生する場合がある。

コミュニケーション: 業者を介するため、入居者との直接対話が減少

  • 入居者の要望の取りこぼし: 業者を通じてのコミュニケーションでは、入居者の細かな要望や不満が伝わりにくくなることがあるため、満足度が下がるリスクがあります。
  • 業者との信頼関係の構築: 業者との間に信頼関係を築く必要があります。選び方を誤ると、期待したサービスが提供されないなどの問題が生じることがあるため、契約前の慎重な選定が重要です。

業者への委託も自己管理と同じく、費用やコミュニケーションの問題があります。

しかし、これらの課題を適切に対処すれば、自己管理に比べて専門的な知識や労力の負担が軽減される利点があります。

費用対効果をよく検討し、自分の物件や運用目的に合った業者を選ぶことが重要になります。

不動産管理で取得しておくと役に立つ資格

不動産管理を行う上で取得しておくと役立つ資格は主に以下の2つです。

それぞれ解説していきます。

宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士(宅建士)の資格は不動産管理における重要な役割を果たし、特に以下の3つの点で役立ちます。

  1. 法令遵守不動産の法律や規制の遵守を支援し、合法的な運用を可能にする。
  2. 契約とリスク管理専門的な契約書類の作成と投資リスクの減少を行うことで、安定した運用が期待できる。
  3. 信頼性向上:業者や個人投資家としての信頼性を高め、交渉やテナント対応において有利に働く。

宅建士は、法的、経済的な側面でプロフェッショナルなサポートを提供し、不動産管理の質と信頼性を高める要素となります。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士の資格は、賃貸不動産の管理と運営に特化しており、以下の3つの点で特に役立ちます。

  1. 適切な賃貸経営戦略の策定市場分析や賃貸物件の運用計画の専門的な支援を提供し、効果的な経営戦略を策定します。
  2. 法令遵守と契約管理賃貸に関する法令の深い理解と遵守を保証し、契約書類の作成やトラブルの解決など、リーガルサポートを提供します。
  3. テナント対応とサービス向上入居者へのサービスの提供やクレーム対応など、顧客満足度の向上を図るための具体的な手法やノウハウを持っています。

賃貸不動産経営管理士は、賃貸物件のオーナーや管理者に対し、経営の最適化と法令遵守、サービスの品質向上に貢献する専門的な役割を果たします。

資格についてより詳しく知りたい方は、以下のURLからご覧ください。

あわせて読みたい
【資格って必要?】アパート経営で成功を収めるための知識とおすすめの資格4選! アパート経営に資格は必要なのか… 不動産の経営を考えている方や、既にアパート経営をしている方の中で、一度は資格について考えたことがあるという方は多いのではない...

まとめ

不動産管理は、『自己管理』と『業者への委託』の2つの主要な方法で行うことができます。

自己管理には手間と専門知識が必要で、業者への委託には費用がかかりますが、それぞれの方法には利点と課題があります。

資格としては、賃貸不動産経営管理士などがあり、経営の効率化や法令遵守に役立つことが多いです。

自分の目的や状況に応じて、最適な管理方法と資格の取得を考えるとよいでしょう。

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
ぜひお気軽にお問い合わせください!弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。

合わせて不動産業界の集客方法について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメント

コメントする

目次