【資格って必要?】アパート経営で成功を収めるための知識とおすすめの資格4選!

アパート経営に資格は必要なのか…

不動産の経営を考えている方や、既にアパート経営をしている方の中で、一度は資格について考えたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

しかし、アパート経営者のためだけに作られた資格は存在しないため、どのような資格を取れば良いのか、迷っている方も多いかと思います。

そこで本記事では、アパート経営に必要な知識や役立つ資格についてご紹介します。

目次

アパート経営に資格は必要なのか?

結論から言うと「アパート経営に特定の資格が法的に必要なわけではない」というのが事実です。

アパート経営は、個人や法人が自己の土地や建物を利用して賃貸事業を行うもので、これに特別な資格が必要とされる法律はありません。

しかしながら、不動産取引全般に関わる「宅地建物取引士」の資格は、不動産の売買や賃貸の仲介を行うために必要とされます。

これは、不動産取引の公正・透明性を保つために法律で定められているものです。

ですから、自己の所有物件のみを運営する場合にはこの資格は必要ありませんが、不動産取引業を行う場合には「宅地建物取引士」の資格が必要となります。

以上のことから、アパート経営自体に必要な資格はないものの、より広範で専門的な不動産業に進出する場合や、複雑な契約関係や法律問題に対応するためには、関連する資格を取得することが推奨されます。

アパート経営に必要な知識

アパート経営に必要な知識は多岐にわたります。

具体的には以下の3つの領域が重要となります。

  • 不動産法律知識
    建築法規、借地借家法、不動産登記法など、不動産に関わる法律を理解していることは絶対条件です。
  • ファイナンス知識
    アパート経営は投資です。だからこそ、財務分析や投資回収期間の計算など、基本的なファイナンス知識が求められます。
  • マーケティング知識
    入居者を引き付け、長期間にわたり満室を維持するためには、マーケティング戦略が必要です。

これらの知識は、実務経験や独学、専門的な教育機関などを通じて身につけることができます。

資格取得も一つの手段です。

しかし、何より大切なのは、これらの知識を日々の経営に活かすことです。

アパート経営に役立つ4つの資格

アパート経営は、物件の選定から運営、そして利益を出すまで、非常に多くの知識と技術が求められる領域です。

そのため、関連する資格を持つことは、確固とした信頼性と信用性を築く一助となります。

以下の4つの資格はアパート経営を成功させる上で役立つものです。

  • 宅地建物取引士(宅建士)
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 不動産鑑定士
  • ファイナンシャルプランナー(FP)

これらの資格は、市場分析、物件選定、財務管理、法規制など、アパート経営に必要な領域で深い知識を得るのに役立ちます。

それぞれがアパート経営の様々な側面を補完し、あなたのビジネスに深みと強さを与えるでしょう。

宅地建物取引士(宅建士)

先ほど少しお話ししたように、宅地建物取引士、通称「宅建士」は、アパート経営の一歩を踏み出すうえで大変役立つ資格と言えるでしょう。

その理由は、彼らが業界の様々な法律や規制、契約書の作成方法に精通しているからです。

さらに、「宅建士」は売買契約の締結や仲介など、不動産取引全般を行うための国家資格です。

アパート経営を始めるとなると、土地の選定から建築契約、そして賃貸契約まで、様々な法律や規制に触れることになります。ここで「宅建士」の知識が役立ちます。

以下に、具体的な例を挙げてみましょう。

  1. 不動産取引法:不動産取引の基本的なルールを理解することで、法律違反を避けられます。
  2. 建築基準法:建築する土地の法律を理解することで、建築後のトラブルを避けられます。
  3. 民法:賃貸契約を理解することで、契約トラブルを避けられます。

このように、「宅建士」の知識を持つことは、アパート経営をスムーズに進めるための強力なツールとなり得るのです。

資格がなければ経営できないわけではありませんが、持っていればその道筋が見えやすくなります。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士の資格は、アパート経営における最も実践的な知識を持つことが認められる資格です。

この資格は、賃貸物件の管理・運営に関する法律やルール、そして賃貸経営に関する経済学的な知識を総合的に問うたものです。

資格取得者は、賃貸物件の適切な選定、物件の価格判断、そして入居者とのトラブル解決に役立つ法的知識など、アパート経営において幅広い領域の知識を有していると認められます。

また、この資格はアパート経営者自身が持つだけでなく、賃貸不動産経営をサポートする不動産会社や管理会社のスタッフが持つことも推奨されています。

なぜなら、資格を持つスタッフによる適切なサポートは、アパート経営をスムーズに行うための大きな支えとなるからです。

不動産鑑定士

不動産鑑定士とは、不動産の価値を正確に評価するプロフェッショナルです。

アパート経営において、これほど有効な資格は少ないでしょう。

この資格を持つことで、あなたはアパートの価値を確実に把握し、その上で最適な経営戦略を立てることが可能になります。

  1. 不動産の価値判断:市場価値や賃料収入、土地の価値などを的確に評価できます。
  2. 投資リスクの評価:資産の価値や将来性を評価し、リスクを最小限に抑えます。
  3. 高い信用性:公正な評価により、投資家や金融機関からの信頼を得られます。

不動産鑑定士は、アパート経営を始める前の土地選びから、経営を続ける中での価値評価、さらには売却時の価値判断にも活用できます。

この資格があれば、アパート経営におけるさまざまな判断を、より確固たるものにすることができます。

これは、自分だけで経営を判断するよりも、より確実な結果をもたらします。

ファイナンシャルプランナー(FP)

アパート経営は、単に部屋を貸すだけではなく、長期的な投資戦略が必要です。

そこで役立つのが「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格です。

FPはお金の専門家で、あなたの資産を最適に管理し、最大の収益を生み出す戦略を立てる能力を持っています。

  1. 資金計画の作成:資金調達、運用計画、資金回収までを包括的に考えます。
  2. 金融商品の理解:投資に必要な知識を持ち、最適な投資商品を選択します。
  3. リスク管理:投資に伴うリスクを適切に評価し、最小限に抑えます。

FPの資格を持つことで、アパート経営を一つの投資と捉え、収益性を最大化する方向に進むことが可能です。

また、投資全般に関する知識を持つため、アパート経営だけでなく、他の投資機会に対するアドバイスも可能になります。

これは、アパート経営以外の資産運用にも役立つため、FPはまさに経営者の強力なパートナーと言えるでしょう。

まとめ

本記事では、アパート経営に必要な知識や役立つ資格について触れてきました。

法的には特別な資格が必要というわけではありませんが、あると有利であることは間違いないでしょう。

これらの資格を活用することで、アパート経営に関する知識を深め、潜在的な問題を未然に防ぎ、投資効果を最大化することができます。

最終的にはあなた自身が学び、理解し、適用することで、アパート経営はより確かなものになるでしょう。

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
ぜひお気軽にお問い合わせください!弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。

合わせて不動産業界の集客方法について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメント

コメントする

目次