田舎でアパート経営をするメリット・デメリットとは?注意点も抑えて正しい経営を!

田舎でアパート経営を考えている方の中には、都市部とは異なる独特の環境にどのように対応すれば良いか、不安を抱えている方も多いかもしれません。

田舎ならではの土地価格の低さや競争の少なさは大きな魅力ですが、それに伴う入居者の数の少なさやインフラの不足など、注意すべきポイントも存在します。

本記事では、これらの特徴やメリット・デメリット、注意点について詳しく解説します。

目次

田舎でのアパート経営の特徴

アパート経営において利益を出すためには、土地の選定が非常に重要なポイントとなります。

一般的には地価が高い地域や、賃料相場が高い地域がアパート経営には適していると言えます。

これは、地価が高い地域は多くの人々が住みたいと思うエリアであり、その分、入居者が集まりやすいからです。

しかし、田舎においてはこれが少し異なります。田舎では都市部ほど地価が高くなく、また賃料相場も低い傾向にあります。これは田舎の経済状況や人口の動向に大きく影響されるためです。

したがって、田舎でアパート経営を成功させるためには、単純に地価が高いエリアを選ぶだけでなく、地域の特性を深く理解し、長期的な視点で物件を選定する必要があります。

例えば、地域の将来的な発展が期待されるエリアや、交通の利便性が良いエリアを選ぶことで、長期間にわたって安定した入居率を維持することが可能となります。

また、地元の企業と連携することで、地域に密着したアパート経営を行うことも一つの方法です。

アパート経営を田舎で始めるメリット

田舎でのアパート経営には、都市部とは異なる数々のメリットが存在します。

初めてのアパート経営者にとっても、その魅力は非常に大きいものと言えるでしょう。

アパート経営を田舎で始めるメリットは以下の通りです。

・低コストでのスタート
・競争が少ない
・地域社会との連携

低コストでのスタート

田舎では土地価格が安いため、同じ広さの土地を購入する際に必要な初期投資額を抑えることができます。

これにより、経営者は余裕を持って物件の品質向上や、将来の拡張計画などに資金を充てることが可能となります。

また、資金が限られている方や、少ないリスクで事業を始めたい方にとっても、アパート経営を手がけやすい環境が整っています。

競争が少ない

都市部に比べて競合他社が少ないため、入居者を獲得する際の競争率が低く、より安定した経営を行うことができます。

入居者にとっても、選択肢が限られているため、一度入居すると長期間住み続ける傾向があり、経営者にとっては安定した収益源となります。

地域社会との連携

田舎ではコミュニティが密接に形成されているため、地元住民とのコミュニケーションが取りやすいです。

このことから、地域社会に貢献する形でアパート経営を行うことができ、住民からの信頼を得やすくなります。

この信頼関係は、入居者募集の際に大きなアドバンテージとなり、口コミ等で新たな入居者を呼び込むことにもつながります。

これらのメリットを活かしながら、田舎ならではのアパート経営を成功させることで、長期的な収益を確保し、地域社会にも貢献することが可能となります。

アパート経営を田舎で始めるデメリット

田舎でのアパート経営は、その独特の環境により、都市部での経営とは異なるデメリットも抱えています。

これらの点をしっかりと理解し、対策を講じることが、成功へのカギとなります。

・入居希望者が少ない
・交通の便が悪い場合がある
・資産価値の上昇が期待しにくい

入居希望者が少ない

入居希望者が少ない点は、特に注意が必要です。

田舎の人口は限られているため、自然と入居希望者の数も少なくなります。

これが空室率の上昇につながり、収益の低下を招く可能性があります。

入居者募集には工夫と努力が必要であり、地域社会との連携を深め、口コミや推薦を活用するなど、地道な活動が求められます。

交通の便が悪い場合がある

交通の便が悪い場合があることもデメリットとして挙げられます。

田舎は交通網が発展していない地域も多く、公共交通機関の利便性が低い場合があります。

これが入居者獲得の障壁となりえますので、物件選定の際には交通の便を重要な判断基準とする必要があります。

資産価値の上昇が期待しにくい

田舎の物件は、都市部と比べて資産価値が上昇しにくい傾向にあります。

そのため、投資としてのリターンを期待する場合、長期的な視点での運営が必要となります。

売却による利益を期待するのは難しく、安定した賃貸収入を得ることを主眼に置くべきでしょう。

これらのデメリットを踏まえた上で、田舎でのアパート経営を進めていくことで、リスクを最小限に抑え、安定した経営を築いていくことが可能です。

田舎でアパート経営をする際の注意点

田舎でのアパート経営には、地域ならではの特徴を理解し、注意を払う必要があります。

特に重要なのは、「入居者が都会に比べて少ない」という点と、「生活インフラの不足」です。

入居者が都会に比べて少ない

まず、地域の人口動態をしっかりと把握し、どの年代が多いのか、どのようなライフスタイルを持っているのかを理解することが重要です。

田舎では高齢者の割合が高い場合が多く、若い世代が都市部へ移住する傾向にあるため、高齢者をターゲットにした物件づくりが成功への鍵となります。

例えば、バリアフリー設計を取り入れた物件を提供することで、高齢者でも安心して生活できる環境を整えることができます。

また、エレベーターや手すりの設置、床の滑りにくい素材の選定など、細かい配慮が求められます。

ペットを飼っている層向けの設備を整えることも、田舎でのアパート経営において有効な戦略の一つです。

都市部ではペットを飼うことが難しい場合が多いですが、田舎では広い空間を活かしてペットと一緒に生活することが可能です。ペット可の物件を提供することで、このニーズに応えることができます。

このように、地域の特性を活かした物件づくりを心がけることで、入居者のニーズに応え、空室率の低減を図ることが可能となります。

田舎でのアパート経営は、都市部とは異なるアプローチが求められるため、地域に根ざした経営戦略の構築が成功の鍵となります。

生活インフラの不足

生活インフラの不足は、田舎でアパート経営を行う際に特に注意しなければならないポイントの一つです。

生活に必要な施設へのアクセスが悪いと、特に家族を持つ入居者や高齢者から敬遠されがちです。そのため、立地選びは非常に重要な要素となります。

商業施設に関しては、スーパーマーケットやドラッグストアなどの日用品を購入できる店が近くにあるかどうかがポイントです。

食料品を手に入れる場所が近くにないと、日常生活に大きな不便を感じることとなります。

また、医療機関のアクセスも重要で、病院やクリニック、薬局が近場にあるかどうかを確認する必要があります。

公共交通機関についても注意が必要で、バスや電車などの利用が容易であるかどうかをチェックします。田舎では車が主要な交通手段となることが多いですが、運転できない高齢者や、車を持たない若い世代もいます。

これらの人々にとって、公共交通機関の利用が容易であることは、生活の利便性を大きく向上させることに繋がります。

アパート経営者としては、これらのインフラへのアクセスを考慮した立地選びが重要です。

また、駐車場を提供することで、車を持つ入居者の利便性を高め、アパートへの魅力を向上させることができます。

これにより、入居者の満足度が向上し、長期的な入居を促進することが期待できます。

まとめ

田舎でのアパート経営は、土地の低コストや競争の少なさから、スタートしやすい一方で、入居者が限られていたり生活インフラが不足しているなどの課題も抱えています。

成功の鍵は地域社会との連携を深め、ニーズに合わせたサービス提供を心がけることです。

これにより、田舎ならではのアパート経営を堅実に展開し、地域に貢献することが可能となります。

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
ぜひお気軽にお問い合わせください!弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。

合わせて不動産業界の集客方法について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

久和不動産では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(1都3県)を中心に、不動産に関するご相談に応じております。
久和不動産のブログではマンション・アパートオーナー様向けの内容、不動産管理についてのなどの情報をご提供します。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメント

コメントする

目次