【近年話題!】コンセプト型賃貸とは?具体例やメリットもご紹介!

コンセプト型賃貸ってなんだろう?

コンセプト型賃貸を経営したいけど、種類やメリットがよく分からない

不動産オーナーの方、あるいは不動産投資/経営を検討している方の中には、このような疑問や悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

コンセプト型賃貸は、一般的な賃貸物件とは異なる特徴を持っており、特定の需要に特化したユニークな賃貸物件として近年注目を集めています。

そこで今回は、不動産オーナーや不動産投資を検討している方に向けて、コンセプト型賃貸の魅力や注目されている背景、経営するメリットなどについてご紹介します。

また、久和不動産では、賃貸物件に関する疑問から不動産投資に関するご相談まで、幅広いサポートを行っています。

不動産に関するお悩みを抱えている際には、ぜひお気軽にお問い合わせください!

目次

コンセプト型賃貸とは

まずはじめに、コンセプト型賃貸の概要についてご紹介します。

コンセプト型賃貸とは、特定のテーマやライフスタイルに特化して設計された賃貸物件を指し、入居者に対して独特の価値を提供することを目的としています。

デザインに注力したコンセプト型賃貸物件もあれば、入居者の趣味や嗜好を想定して造られた物件もあり、物件のテーマやコンセプトは 物件を建てる不動産会社やオーナーが自由に考えることができます。

とは言え、地域特性や世の中のトレンド等を考慮した上で造らなければ、不動産経営を行う過程で入居率の低下に直面する可能性もあるため、入念な調査を経てアイデアを出す必要があるでしょう。

コンセプト型賃貸が注目されている背景

次に、コンセプト型賃貸が注目されている背景についてご紹介します。

コンセプト型賃貸が注目されている背景としては、主に「不動産市場における賃貸物件の需要の低下」が挙げられ、これには国内の人口減少問題が影響しています。

ご存知の通り、現在の日本では少子高齢化によって人口の減少が問題視されており、それに伴って賃貸物件の供給が人々の需要を超えてしまっている状態と言えます。

しかし、不動産投資は、通常 数十年に渡って行われるものであるため、地域における賃貸物件の長期的な需要がより重視されている傾向にあります。

そのため、賃貸物件の魅力を少しでも高めるべく、特定の限られた層に向けてでも長期的かつ安定的な需要を維持することができる、コンセプト型賃貸が人気を集めているのです。

コンセプト型賃貸の種類

次に、コンセプト型賃貸の主な種類について、以下の3つをご紹介します。

1, 雰囲気やデザインに特化した賃貸
2, 趣味・嗜好に特化した賃貸
3, ライフスタイルに特化した賃貸

雰囲気やデザインに特化した賃貸

コンセプト型賃貸の主な種類の1つ目は「雰囲気やデザインに特化した賃貸」です。

雰囲気やデザインに特化した賃貸では、内装やインテリア、外観などで差別化が図られており、いわゆる デザイナーズ物件 もこれに含まれます。

ヨーロッパ風やヴィンテージスタイル、バースタイルなど、厳密には様々なこだわりがありますが、通常の物件とは一味違う雰囲気や空間を味わいたい、という方に向けられた賃貸物件と言えるでしょう。

趣味・嗜好に特化した賃貸

2つ目は「趣味・嗜好に特化した賃貸」です。

趣味・嗜好に特化した賃貸では、入居者が好む趣味などに合わせて、内装や設備が設置されています。

通常の物件では見られないような間取りや構造がポイントで、特定の趣味を持った入居者が一つの建物に集まるというメリットも もたらします。

例としては、家でも音楽に熱中したいという方向けに、遮音性や防音性の高い物件があったり、読書や自宅での時間を好む人向けに、特別な書斎や本棚などがあらかじめ備え付けられている物件もあります。

ライフスタイルに特化した賃貸

3つ目は「ライフスタイルに特化した賃貸」です。

子育て世帯や高齢者世帯、ペットを飼っている家族など、それぞれの家庭にはそれぞれの事情や求める環境があります。

ライフスタイルに特化した賃貸は、それぞれの家族のライフスタイルをより充実させるために造られた賃貸物件を指し、物件ならではの価値を提供するような環境が整えられています。

ペット向けのコンセプト型賃貸の具体例としては、ペットの足を洗う専用の洗い場や、猫などが室内空間を楽しめるような構造で設計された内装などが挙げられます。

コンセプト型賃貸を経営するメリット

本項目では、不動産投資をしている方、あるいは検討している方に向けて、コンセプト型賃貸を経営するメリットについて、以下の3つをご紹介します。

1, 入居者が決まりやすい
2, 長期入居が期待できる
3, 家賃を相場より高くできる

入居者が決まりやすい

コンセプト型賃貸を経営するメリットの1つ目は「入居者が決まりやすい」という点です。

既にご紹介した通り、コンセプト型賃貸は特定の需要や目的を持った人々に対して強くアピールすることができる賃貸物件です。

そのため、他の賃貸物件と明らかに異なる構造や特徴を持つという差別化ができており、入居者を効率良く獲得することができるというメリットがあります。

長期入居が期待できる

2つ目は「長期入居が期待できる」という点です。

コンセプト型賃貸のテーマにもよりますが、特定の趣味や需要にマッチした賃貸物件は、同じ地域に多く存在するわけではありません。

そのため、入居者が頻繁に引越しを考える可能性は低く、他の物件と比較して長期間滞在してくれる可能性が高いと言えます。

不動産経営を行う家庭で入居率を気にするオーナーにとっては、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

家賃を相場より高く設定できる

3つ目は「家賃を相場より高く設定できる」という点です。

コンセプト型賃貸は、特定のニーズを抱えた入居者に対して、他の物件よりも高い価値を提供することができるため、地域の相場よりも高い家賃を設定することができます。

具体的な金額は、各コンセプト型賃貸に寄って異なりますが、3,000円〜4,000円、高くても1万円程度であると考えておけば良いでしょう。

コンセプト型賃貸を経営するデメリット

最後に、コンセプト型賃貸を経営するデメリットについて、以下の2つをご紹介します。

1, 建築コストが高くなる傾向にある
2, 需要と供給がマッチしない可能性がある

建築コストが高くなる傾向にある

コンセプト型賃貸を経営するデメリットの1つ目は「建築コストが高くなる傾向にある」点です。

既にご認識の通り、コンセプト型賃貸は特定の需要に合わせて特殊な構造や仕組みを整える必要があるため、通常の建築よりも手間や時間がかかります。

そのため、結果として建築コストが高くなる傾向にあり、不動産オーナーが細部までこだわる場合などは建築会社とのコミュニケーションコストも多くなると考えられます。

需要と供給がマッチしない可能性がある

2つ目は「需要と供給がマッチしない可能性がある」という点です。

特定の需要を考慮して建設されるコンセプト型賃貸ですが、実際に魅力的な物件が建てられたとしても、その地域に需要がなければ意味がありません。

若年層が多く、高齢者の割合が低い地域では、高齢者向けのコンセプト型賃貸の需要は低いですし、人々の収入水準が低い地域では、ペットに特化したコンセプト型賃貸はあまり人気がないかもしれません。

実際にコンセプト型賃貸を建設する際には、地域の求める価値や人々の抱えるニーズを正確に分析し、長期間に渡って需要があり続けるような物件を建てなければなりません。

不動産に関するご相談は、久和不動産まで

いかがでしたでしょうか。

今回は、不動産投資や不動産経営をしている方、あるいは検討している方に向けて、コンセプト型賃貸のメリットやデメリット、具体的な特徴などについてご紹介しました。

コンセプト型賃貸は、不動産投資の対象としても近年注目を集めている画期的な賃貸物件ですが、需要やニーズを測り間違えると、大きな損失に繋がってしまいます。

コンセプト型賃貸に限らず、不動産投資を行う際には入念な準備と将来予測が重要です。

また、久和不動産では、賃貸物件に関するお悩みから不動産投資に関するご相談まで、幅広いお問い合わせを受け付けています。

実際に不動産投資をしてみたいという方も、ぜひお気軽にご相談ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次