【田舎の土地を最大限活用しよう】空いた土地を活かす方法やアイデアをご紹介!

空き地を所有しているが、使い道が分からない

田舎の土地活用について、具体的なアイデアや方法が知りたい

田舎に土地を所有している方の中には、このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

都市部とは異なり、田舎の土地は活用方法が限られていることも多く、どのように活用すれば良いのか迷うことがあるかもしれません。

しかし、田舎の土地には相応の活用方法があり、戦略次第では新たな収益源として活かすことも可能です。

そこで今回は、田舎の土地活用について、確認しておくべき規制やアイデアなどをご紹介します。

また、久和不動産では、土地活用に関するお悩みをいつでも受け付けています。

田舎の土地活用でお悩みの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

目次

田舎の土地を活用する際に確認しておくべき事項

まずはじめに、田舎の土地を活用する際に確認しておくべき事について、以下の3つをご紹介します。

1, 都市計画法
2, 農地法
3, 補助金

都市計画法

田舎の土地を活用する際に確認しておくべき事の1つ目は「都市計画法」についてです。

都市計画法とは、都市や地域の健全な発展を目指し、秩序のある整備を図ることを目的として定められている法律です。

土地計画法には、市街化調整区域という指定があり、このエリアには原則として建物を建てることができません。

しかし、地域によっては過疎化防止や特定の分野の産業を活性化させるため、一部の建物や施設の建設が許可されている場合もあります。

実際に田舎の土地を活用する際は、地域の「都市計画法」について確認し、建物の建設が可能か否かについて把握しておくことが重要です。

農地法

2つ目は「農地法」についてです。

農地法とは、農業を営む耕作者などの地位を安定させ、農業生産の最大化を図ることを目的としている法律です。

農地法には、対象の土地が農地として登録されている場合、農地以外の土地として活用する際には許可が必要であるというルールがあります。

そのため、もしも現在土地を農地として利用している場合、他の用途として活用する場合は特別な手続きが必要となる場合があります。

農地法についても、地域の役所などであらかじめ確認しておくことが重要です。

補助金

3つ目は「補助金」についてです。

土地を活用して建物を建設する、あるいは施設を立てて地域に貢献するという場合には、地域の自治体や国から補助金を受け取ることができる場合があります。

補助金の内容は地域や施設の目的によって様々ですが、条件によっては数百万円、あるいは一部の割合を負担してくれる場合もあります。

また、地域によっては空き家などの解体に補助金を提供している可能性もあるので、土地活用に関わる補助金についても事前に確認しておくことをオススメします。

田舎の土地活用のアイデア

本項目では、田舎の土地活用のアイデアについて以下の7つをご紹介します。

1, 賃貸住宅経営
2, 太陽光パネルの設置
3, 農園の運営
4, トランクルームの設置
5, 駐車場の経営
6, キャンピング関連の施設の運営
7, 高齢者住宅の経営

① 賃貸住宅経営

田舎の土地活用のアイデアの1つ目は「賃貸住宅経営」です。

活用する土地の大きさにも寄りますが、アパートやマンションを建てる程度の広さがあれば、その土地を利用して賃貸住宅経営を行うことが可能です。

賃貸住宅経営とは、不動産投資の一種であり、賃貸住宅を保有することで入居者から家賃収入を得るビジネスモデルを指します。

土地を所有している場合は初期費用が建物購入費だけなので、一般的な不動産投資よりも高い利回りで運用することができるでしょう。

賃貸住宅経営の初期費用は土地や建物によって異なりますが、数百万円〜数千万円、場合によっては1億円程度となることもあります。

実際に土地を活用して賃貸住宅経営を行う場合は、金融機関から融資を受ける手段もあるため、その点は専門家に相談する必要があります。

地域の需要や市場の動向を踏まえた上で、賃貸住宅の経営を検討してみても良いでしょう。

土地活用における賃貸住宅経営については久和不動産でも解説しているので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

② 太陽光パネルの設置

2つ目は「太陽光パネルの設置」です。

広大な土地を利用して、太陽光発電システムを導入するのも一つの方法です。

太陽光発電は、環境に優しいだけでなく、発電した電力を売電することで収益を得ることができます。

ただし、太陽光発電システムを導入する際には、初期投資や維持管理のコストがかかるため、収益とのバランスを試算して判断することが重要です。

③ 農園の運営

3つ目は「農園の運営」です。

豊かな自然環境を考えると、農園を運営するのも田舎ならではの活用方法と言えます。

農園を運営した場合は、野菜や果物を栽培し、直売所やファーマーズマーケットで販売することで、収益を得ることができるでしょう。

ただし、農園を運営する場合は正しい知識や適切な気候環境が必要であるため、その点には注意が必要です。

④ トランクルームの設置

4つ目は「トランクルームの設置」です。

都市部に比べて土地の価格が安い田舎の地域では、トランクルームの需要も一定数見込めます。

個人の荷物の保管スペースやビジネス用の倉庫として活用できるトランクルームを設置することで、利用している方から安定した収入を得ることができるでしょう。

⑤ 駐車場の経営

5つ目は「駐車場の経営」です。

観光地や商業施設のような人が多く集まるような地域では、駐車場の経営も有効な選択肢の一つかもしれません。

特に田舎の地域は車移動が一般的である地域も多いため、観光客やショッピング客のための駐車場は需要が高いと言えます。

また、住宅が密集している地域であれば、月極の駐車場でも一定の需要があるでしょう。

⑥ キャンピング関連の施設の運営

6つ目は「キャンピング関連の施設の運営」です。

豊かな自然環境に恵まれた広大な土地を所有している場合は、キャンプやグランピング施設を建設しても良いかもしれません。

特に近年は自然溢れる地域でのレジャー施設の需要も上がっているため、需要やアクセスを考えて検討してみても良いでしょう。

⑦ 高齢者住宅の経営

7つ目は「高齢者住宅の経営」です。

高齢化社会が進む現代の日本では、田舎の自然環境を活かした高齢者向けの住宅需要も高まっています。

形態は賃貸住宅経営と似ていますが、高齢者という特定のターゲットを対象としている分、需要予測が立てやすいと言えます。

また、高齢者住宅などの施設の建設は、地域に貢献する建物として補助金を受け取れる可能性も大いにあります。

土地活用は難しい?

本項目では、土地活用の難しさについてご紹介します。

「田舎の土地って、実際に活用するとなると難しいのではないか?」

田舎の土地を所有している方の中には、このように考える方も多いでしょう。

実際、田舎の土地の状況や形、環境は様々であるため、どれも簡単に活用できるわけではありません。

田舎の土地活用が難しいと言われる理由としては、以下のような要因が挙げられます。

・法的規制による弊害
・立地が田舎
・地形が複雑
・整備に費用がかかる
・所有者が高齢

これらの内容については、「【土地活用は難しい?】具体的な理由や活用する手段をご紹介!」にて解説しているので、気になる方はぜひこちらもご覧ください!

土地活用に関して考えておくべきポイント

最後に、田舎の土地を活用する際に最低限考えておくべきポイントについて、以下の3つをご紹介します。

1, 収益性
2, 初期費用
3, 転用性

① 収益性

田舎の土地を活用する際に最低限考えておくべきポイントの1つ目は「収益性」です。

どのような用途で土地を活用するにせよ、その方法が継続的に収益を生み出せるかどうかは非常に重要なポイントです。

土地活用の手段はどれも長期にわたる取り組みが多いため、市場からの需要や競合状況を踏まえた上で判断することが重要となります。

また、事業の収支計画を入念に立て、長期的な採算性を見極める必要もあるでしょう。

② 初期費用

2つ目は「初期費用」です。

土地活用には、建設費用や設備投資など、多額の初期費用がかかるケースが多くあります。

いくら収益性が高くても、初期費用として支払う額が多ければ、その分リスクが伴いますし、支払うことができない場合もあるでしょう。

また、多額の初期費用が必要な場合は金融機関からの借入などを活用する必要があるため、それに伴う資金計画も大まかに予測を立てることが重要です。

③ 転用性

3つ目は「転用性」です。

前述したように、多額の初期投資を行って取り組む土地活用には、相応のリスクが伴います。

急な事業環境の変化や、需要の変動などにより、当初の土地活用が困難になるケースも考えられます。

そのような場合に備え、土地の転用可能性についても検討しておくことが重要です。

例えば、賃貸住宅から高齢者施設へ、農園からキャンプ場へなど、柔軟に用途変更ができる汎用性の高い土地や施設設計が望ましいと言えるでしょう。

土地活用の手段を考える際には、あらかじめ土地の転用可能性についても頭に入れて考えると良いでしょう。

土地活用に関するご相談は久和不動産まで

いかがでしたでしょうか。

今回は、田舎の土地活用について、確認しておくべき事項や実際の活用アイデアなどをご紹介しました。

本記事でもご紹介した通り、土地の活用は用途や環境によって大きく条件が異なります。

実際に土地活用を行う際には、専門家に相談してみることをオススメします。

また、久和不動産では、土地活用におけるご相談をいつでも受け付けています。

賃貸住宅経営のサポートも行っているので、ぜひお気軽にご相談ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次