【賃貸不動産の宅配ボックス】設置するメリットや価格を徹底解説!

宅配ボックスを自身で設置するメリットについて理解したい

宅配ボックスが無い場合の対処法を知りたい

現在お住まいの自宅に宅配ボックスが設置されていない方の中には、このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

宅配ボックスは、物件自体に取り付けられていなくても、必要であれば自分自身で購入して設置することが可能です。

そこで今回は、自宅に宅配ボックスが設置されていない方や宅配ボックスの設置を検討している個人の方に向けて、設置するメリットや無い場合の対処法などについてご紹介します。

また、久和不動産では、不動産オーナーや入居者の方を対象に、不動産に関する幅広いサポートを行っています。

管理物件に関するご相談から不動産投資に関するお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください!

目次

宅配ボックスとは?

まずはじめに、宅配ボックスについて簡潔にご紹介します。

宅配ボックスとは、玄関の外付近に設置しておくことで、居住者が不在の際でも荷物を受け取ることができるようにするものです。

賃貸不動産物件の中には、各個人用の宅配ボックスがあらかじめ設置されていない物件も一定数存在し、その場合には居住者が自身の判断で取り付けることが可能です。

種類や価格も様々なので、個人に合った最適なものを選ぶことができるでしょう。

宅配ボックスの種類

次に、宅配ボックスの種類についてご紹介します。

宅配ボックスは、簡易的で小さいものから、マンションの共用部に設置されるような大きなものまで、その種類は様々です。

具体的な種類の説明は割愛しますが、簡易的なものであれば自宅の出入り口のドア付近に置いておくだけで良いようなものもあり、すぐに設置することが可能です。

また、比較的大きなサイズのものを設置する場合には、管理人やオーナーの承諾が必要な場合もあるので、その際には各物件の規則やルールに従うようにしましょう。

宅配ボックスを設置する際の費用

宅配ボックスの本体価格や設置費用については、選ぶ宅配ボックスによって大きく異なります。

簡易的なものであれば2万〜3万円程度で購入できるものもありますし、比較的スペースを必要とするものであれば個人用でも30万円程度するものもあります。

具体的な種類や費用については、販売サイトや一覧表を参照することをオススメします。

また、宅配ボックスは工事が不要で自分で取り付けることができるものもありますが、設置工事を依頼する場合の費用は1万5千円〜2万円程度と考えておけば良いでしょう。

宅配ボックスを設置するメリット

次に、自宅に宅配ボックスを設置するメリットについて、以下の4つをご紹介します。

1, 不在時に荷物を受け取ることができる
2, プライバシーを守ることができる
3, 盗難や紛失を防止できる
4, 時間に縛られることがない

不在時に荷物を受け取ることができる

自宅に宅配ボックスを設置するメリットの1つ目は「不在時に荷物を受け取ることができる」点です。

不在時に荷物を受け取ることができるという点については、宅配ボックスの設置を検討している誰もが求めるメリットと言えるでしょう。

これまでは、不在時に荷物が届いた場合に、そのまま配達員が回収してしまうということがあったかもしれませんが、宅配ボックスを設置することで、居住者が居ようが不在であろうが荷物を受け取ることができるようになります。

頻繁に配達などを受け取る方にとっては、宅配ボックスは欠かせないアイテムと言えるでしょう。

プライバシーを守ることができる

2つ目は「プライバシーを守ることができる」という点です。

荷物を受け取る方法が、配達員から直接渡される方法しか無い場合、特に女性にとってはプライバシーやプライベートの問題が気になります。

誰がどこに住んでいるのかという情報を不特定多数の他人に知られることは、最悪の場合ストーカー被害や個人情報の流出などによる被害に繋がる場合もあるため、十分な注意が必要です。

自宅にいる時でも宅配ボックスを利用して荷物を受け取ることで、自身のプライバシーを守ることに繋がるでしょう。

盗難や紛失を防止できる

3つ目は「盗難や紛失を防止できる」点です。

配達員の中には、受取人が不在の場合、ドアの前に荷物を置いておく手段を取るケースもあります。

そのような場合、誰かが荷物を誤って取ってしまったり、盗まれてしまうケースが発生するかもしれません。

そんな時に鍵付きの宅配ボックスを設置しておけば、盗難や紛失から荷物を守ることができるでしょう。

時間に縛られることがなくなる

1つ目のメリットに関連することですが、「時間に縛られることがなくなる」という点も、宅配ボックスを設置することによる大きなメリットです。

宅配ボックスを設置していない状態で荷物の配達を依頼した場合、場合によって配達時間を考えてスケジュールや予定を組まなければいけないケースがあるかもしれません。

しかし、不在時でも荷物を受け取ることができる宅配ボックスを設置しておけば、配達時間を考えずに行動することができるため、自由に予定を立てることができるようになるでしょう。

賃貸不動産に宅配ボックスが無い場合の対処法

最後に、自宅に宅配ボックスが無い状態で配達の荷物を受け取る際の対処法や方法について、以下の4つをご紹介します。

1, 宅配ボックスを設置する
2, コンビニで受け取る
3, 宅配ロッカーを使用する
4, 再配達を依頼する

宅配ボックスを設置する

自宅に宅配ボックスが無い状態で配達の荷物を受け取る際の対処法の1つ目は「宅配ボックスを設置する」ことです。

不在時に荷物を受け取る方法は必ずしも宅配ボックスに入れてもらうことだけではありませんが、長期的な目線で見ると、やはり宅配ボックスの設置は有効です。

移動時間や安全面などを最大限考慮するのであれば、簡易的なものでも宅配ボックスの設置を検討すべきと言えるでしょう。

コンビニで受け取る

2つ目は「コンビニで受け取る方法」です。

多くの宅配サービスでは、荷物を最寄りのコンビニエンスストアで受け取ることが可能となっています。

注文時に受け取り方法を選択し、注文番号を持ってコンビニに行けば、24時間いつでも荷物を受け取ることができる仕組みです。

自宅の近くにコンビニがある場合には、わざわざ宅配ボックスを設置せずとも、コンビニで受け取る方法も良いでしょう。

宅配ロッカーを使用する

3つ目は「宅配ロッカーを使用する方法」です。

比較的都心部であれば、駅構内や公共の場に宅配専用のロッカーが設置されている場所もあります。

宅配ロッカーを活用する際もコンビニと同様で、専用の受け取りコードを使用して荷物を受け取るため、セキュリティ面でも時間的な面でも安心と言えるでしょう。

普段日常的に利用する場所や通る場所に宅配ロッカーが設置されている場合には、それらを活用しても良いでしょう。

再配達を依頼する

4つ目は「再配達を依頼する方法」です。

最もシンプルな方法は、再配達を依頼することで改めて家に居るタイミングで配達してもらう方法です。

多くの宅配業者は、居住者が不在だった際には不在通知を残していくので、その指示に従ってオンラインまたは電話で再配達を依頼することができます。

特に受け取りを急いでいない場合には、配達員に再度来てもらう方法も良いでしょう。

しかし、その際に改めて受け取り時間を考えて行動しなければならなくなる点については、あらかじめ頭に入れておく必要があるでしょう。

賃貸不動産に関するお悩みは、久和不動産へ

いかがでしたでしょうか。

今回は、自宅に宅配ボックスが設置されていない方や宅配ボックスの設置を検討している個人の方に向けて、設置するメリットや無い場合の対処法などについてご紹介しました。

前述したように、宅配ボックスは不在時の荷物の効率的な受け取りにおいて非常に画期的なアイテムであり、簡易的なものであればインターネットですぐに注文することができるので、買っておいて損はないでしょう。

また、不動産物件のオーナーや事業者の方は、経営するアパートやマンションに専用の宅配ボックスを設置しておくことで、入居率を向上させることができる点も覚えておくと良いでしょう。

久和不動産では、宅配ボックスの設置に関するような質問から、不動産投資などに関するご相談まで、幅広く受け付けています。

不動産に関連することで疑問や不明点をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次